主力取扱商品  Products

コントリネックス・ジャパン

主力品目:近接センサ

コントリネックスはスイスが本社の近接センサ専門メーカーです。1972年に創立され、現在では全世界60カ国以上に販売店をもっています。現在では一般的となったφ4mmM5の超小型近接センサを世界に先駆けて販売しました。
1982年にはCONDIST(コンディスト)技術により、センサ発振回路と付随する回路をデジタルIC化することに成功、世界各国で特許取得をした500シリーズをリリースしました。これにより従来品と比較して、2~3倍の長距離検出を実現しています。
その後、CONDET(コンデット)技術により、検出原理において全く独創的な磁気誘導型近接センサ700シリーズを開発しました。この製品は、従来とは全く異なる原理により、ケース全体全てをつなぎ目のないオールメタルにすることができる為、非常に高いIP保護等級(IP68+IP69K)と検出面においては強靭な機械的強度を実現することができます。


  • メタルハウジング 700シリーズ


  • 耐熱近接センサ HDシリーズ


  • 耐高圧近接センサ Pシリーズ

浜田電機の取り組み

浜田電機では、コントリネックス独自の検出原理により、長距離検出が可能な製品や耐衝撃、耐環境性に優れる製品は日本国内で仕様的に競合することが少ない為、新規マーケットの開拓にも活用できると考えております。また、昨今増えているグローバル対応の要求に対しても欧米で十分な実績を兼ね備えた近接センサをご提案していきたいと思います。

↑ PAGE TOP ↑